女性ライターが旧姓で銀行口座を開設できるか試してみた(※写真はイメージ)

 11月5日から住民票やマイナンバーカードに旧姓を併記できるようになった。旧姓で働く人々の不利益を解消することを目的とし、旧姓での銀行口座開設や各種契約の手続きの際、旧姓を証明する身分証として活用することを想定しているのだという。

 結婚して姓を変更したことがある女性の多くが経験していると思うが、姓の変更に伴う様々な手続きは非常に面倒である。そして、旧姓の使用は認められないケースが少なくない。その代表格のひとつが、旧姓による銀行口座の利用だ。

 銀行口座の旧姓利用が認められないと、不便なシーンは拡大する。

 例えば、結婚前に口座引き落としに設定しておいた奨学金の返済、携帯電話料金、保険料、賃料などの支払いは、名義が変わると引き落とし不能になる。引き落とし不能による未払い状態が続くと、契約の解除や延滞料の発生などが生じる場合がある。

続きは、こちら

***************************************************************************************

結婚当時、共働きだったこともあり、職場や日常生活で旧姓使用をしていた。しかし、新しい口座を作る時や図書カードの作成など、証明が必要なものから夫の姓に変わっていった。この寂しさと面倒くささといったら…。
姉妹のみなので、元の姓は消える運命にある。なんとか自分が生きている間だけでも残したい。

この「旧姓が証明できる」という制度で、どこまで旧姓が使えるか、様々なシーンで確認していきたい。